「こんなはずじゃなかった・・・」

107590

介護の職場選びに失敗するとあとで取り返しがつきません
そんな介護職の職場を選ぶ際に失敗しないために注意したい3つのポイントって?

介護の職場選びで失敗しない3つのポイント

107587

職員の出入りが激しい職場は注意!

職員の退職、入職が激しい職場は何かしらの問題を抱えている可能性が高いと言えます。

また、新規事業所でもないのに大量採用を使用している職場も注意が必要です。
というのも、何らかの問題で職員が大量退職している可能性が高いためです。

介護の職場を選ぶ際は職員の出入りをチェックしましょう。

登場人物B

私が以前働いていた施設は毎月一人は退職、入職する人の出入りの激しい職場でした。

施設では特養、ショート、デイ、有料といろいろな事業をしていましたが特に特養の出入りは激しかったです。

特養は介護度が高い利用者さんが多く、夜勤の負担も大きいため職場自体がギスギスしていてとても居心地が悪いかったのを今も覚えています。

人間関係もあまり良いとは言えず、ヒヤリハットや事故などが起こるとすぐに犯人捜しが始まります。

そのため、みんな責任逃れの自己弁護ばかり・・・。

親切に仕事を教えてくれることはもちろんなく、「言われなくても察して仕事をして!」という感じです。

私は中途なのでまだよかったですが、新人さんはとても大変そうで、一年もたたないうちに大半の人が辞めていきました。

一年くらいで退職しましたが体調を壊す前に辞めてよかったと思っています。

頑張っても給与に反映されない職場は注意!

良い職場選びには給与は欠かせません。

特に頑張って働いた分はきちんと給与に反映されないと長く働くことは難しいかもしれません。

そのため、介護の職場を選ぶ際は

  • 資格手当
  • 役職手当
  • 職能手当

など手当がしっかりと整備されているかを確認しましょう。

登場人物B

職場の雰囲気は悪くなかったのですが、サービス残業が多くて退職した職場がありました。

何々委員という仕事とは別にいろいろな委員会活動があって、もちろん、活動についてはお給料はでません。

委員会の会議はもちろん、活動そのものがボランティアみたいなものです。

不満があったとしても施設長は「利用者さんのために頑張ろう」の一点張り。

悪い人ではなかっただけにみんな残業代を申請することができない雰囲気で・・・。

デイサービスなので夜勤がなくて、夜勤手当もありません。さらに残業代もないとなると結構生活が苦しくなってしまいます。

そういった不満がたまって結局、別の施設に転職しました。

今の職場では施設内でも作業についてはきっちりと残業を申請する形です。

もちろん、不要な残業をしないように厳しく管理されていますが委員会活動にもお給料がでます。

私には今の職場の方が性に合っていると感じています。

上司に相談しにくい職場は注意!

上司との定期的な面談がない職場は注意が必要です。

良い職場の多くは、上司による個別面談がされています。

上司とのコミュニケーションが良い職場は、

  • 人を育てる環境が整備されている
  • メンタルマネジメントがしっかりしている
  • 人事査定がしっかりしている

ことが多いと言われています。

そのため、上司との面談など相談する機会が少ない職場は避けたほうが良いかもしれません。

登場人物A

前に勤務していたデイサービスでとても理不尽なリーダーがいました。

そのリーダーは施設内でいろいろな事業部を異動した人でどこでも部下から「もうあの人の下で働きたくない」と言われたのが原因だと聞きました。

仕事の相談はもちろん、仕事を教えてくれることもありません。

それなのに失敗したときは、しばらくいびられたり、無視されたり。

男性のように大声で叱られることはありませんでしたが、聞こえるように陰口を言われたりするのはとても嫌でした。

数か月で私とは別の部下とトラブルになって別の事業部へまた異動になりましたが、リーダーの役職はそのままのようです。

こういったリーダーの元だと、人間関係が悪くなるだけでなく、チームとしてのミスも増えました。

みんなをまとめるのがリーダーの仕事だと思うのですがかえってそのリーダーがいることでみんなの輪が乱れてしまう・・・。

こういった上司の下で働くのはとても大変です。

正直、異動になったときみんなで「よかったね!」とホッしたものです。

就職、転職前に求人先の状況を調べるには?

185196

介護の職場選びで注意したい3つのポイントを紹介しましたが、
これらを調べるには

  • 直接求人先に聞く
  • エージェントを介して求人先に聞く

の2つの方法があります。

ですが、「直接求人先に聞く」のはなかなか難しいもの。
そんなときは、転職エージェントに仲介してもらうのがおすすめです。

転職エージェントの力を借りるには?

そもそも転職エージェントとは「転職を検討している方」に

  • 求人を紹介する
  • 求人先との調整・連絡をする

転職の専門家。

そんな転職エージェントの力を借りるには、

転職サイトへの登録

が欠かせません。

転職サイトの特徴

185199

専門エージェントが転職のお手伝いをしてくれる

転職サイトを利用すると専門エージェントが次のようなことをしてくれます。

希望にあった求人を紹介してくれる

ハローワークなどに掲載されていないような非公開求人を含め、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。
そのため、自分で求人を探す手間が省けます

連絡・調整をあなたに代わってしてくれる

直接求人先に質問をするのは気が引けるもの。
その点、エージェントが仲介してくれるので聞きづらいことも簡単に質問することができます

職場探しの相談にのってくれる

エージェントは介護求人の専門家。

そのため公には公開できない情報も・・・

そんな専門家があなたの相談にのってくれます。

無料で利用できる

転職サイトの利用は無料でできます。
というのもあなたの転職が決まると求人先から料金をもらうシステムになっているため。

無料で利用できるため、一人で何社も登録をしている方も多くいます。

数分の登録で利用できる

転職サイト上の必要事項を入力するだけですぐに利用でき、数分もあれば登録ができます

みんなが利用している転職サイト
自分にあった介護の職場を探すために利用してみるのも良いかもしれません。