介護業界でも当たり前になっている派遣社員。
簡単な登録がお仕事ができる働き方ですが、そんな介護派遣にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

185196

このコラムでは

  • 介護派遣に興味のある方
  • これから介護派遣社員として働きたいと思っている方

に介護派遣のメリット・デメリットをまとめています。

実際に働いてみて、「こんなはずじゃなかった・・・」とならないためにしっかりと介護派遣のメリット・デメリットを知っておきましょう!

このコラムはこんなことを取り上げています?

このコラムでは

  • 介護派遣の具体的なメリット・デメリット
  • 実際に介護派遣で働いた方の体験談
  • 介護派遣の働き方別のメリット・デメリット

を取り上げています。

コラムを読むことであなたが得られるメリット!

このコラムを読むと

  • 介護派遣の詳細を知ることで働き方の幅が広がる
  • 介護派遣が自分に向いているのかを知ることができる
  • 介護派遣の気を付けるべきポイントが分かる

というメリットを得ることができます。

介護派遣として働くメリットとデメリットとは?

185196

メリット

自分で就職活動するよりも簡単に仕事を見つけることができる

派遣会社に登録すると自分の希望にあった派遣先を見つけて紹介してくれます
そのため、普通の就職活動のように自分で介護求人を探す手間がありません。

未経験・ブランクがある方でも仕事を見つけやすい

介護派遣として紹介される仕事は未経験の方やブランクある方が働きやすい案件がたくさんあります

派遣会社がそういった案件を紹介してくれるため、自分で就職活動するよりも未経験の方やブランクある方がお仕事を見つけやすいメリットがあります。

夜勤なし、残業なしの仕事を見つけやすい

介護派遣として登録する際に

  • 夜勤なし
  • 残業なし

の希望を伝えておけば、そういった案件を紹介してくれます。

面接のときに派遣会社の人がついてきてフォローしてくれる

派遣先との面接の際、派遣会社のコーディネーターさんが一緒についてきてくれます。
もちろん、派遣会社によっては立ち合いが難しい場合もありますが、その場合でもきちんとフォローをしてくれます。

職場のトラブルや悩み事があれば派遣会社に相談できる

派遣先でのトラブルや悩み事があれば、専門の方が相談のってくれます。

慣れない職場での仕事には悩みやトラブルはつきもの。
そういったときに相談にのってくれる人がいるだけで安心できますね!

会社の行事や社員旅行に参加しなくてよい

派遣社員さんは派遣先の行事や社員旅行には無関係。
介護の仕事だけに集中することができます。

効率的に介護業務のキャリアを積める

派遣登録の際に自分の希望する介護施設(特養、老健、グループホームなど)の労働環境を伝えておけば、希望に沿った案件を紹介してくれます。

介護技術を磨きたい方には介護派遣はぴったりな働き方と言えます。

デメリット

派遣期間中は簡単にお仕事を辞めることができない

派遣期間中は急にお仕事を辞めることはできません。
これは派遣に限った話ではなく、通常就職した場合でも同じです。

ですが、派遣社員の場合は派遣先を辞めたいと思ったときでも派遣会社に相談をすることができます。

派遣社員というくくりで区別される

行事や社員旅行、施設内会議などは派遣会社が参加できない場合はほとんどです。

そういった点で派遣社員というくくりで区別されます。

職場を転々と変わる

介護派遣という働き方ではいろいろな職場に派遣されて働くことは仕方ありません。
「一つの職場で長く働きたい」方は、通常就職が望ましいでしょう。

体験談から分かる!介護派遣で良かったこと失敗したこと!

介護派遣として働いて失敗した体験談

登場人物A

以前私は介護職員として働いたことがありました。

それはやはり介護の仕事は今は需要も多くて仕事に困らないと思ったからでした。

介護派遣職員として働いたこともあったのですが、軽い気持ちで介護で派遣の仕事をしない方が良いと思いました。

というのも、介護で派遣されるとどんな職場に送られるか実際に行くまで全く分からないからです。

それで実際に派遣されてみて思った以上にキツい職場だったことがときどきありました。

介護派遣で良かった体験談

登場人物B

介護派遣会社に登録して特養で働いていたことがあります。

当時子供がまだ小学生で手がかかる時期で、子供の急な発熱などで早退や休暇をとらなければならないことが多かったのですが、

こういった突発的な休みにも臨機応変に対応してもらえたことや希望の勤務時間帯や夜勤の有無など、フレキシブルな勤務体系で子育て世代でも柔軟にシフトが組めたところが非常に助かりました。

また介護施設とのトラブルや橋渡しもすべて派遣会社が間に立ってスムーズに行なってくれるのでストレスなく働くことができました。

登場人物A

介護の仕事は責任を持つことが大事です。

そのことは、以前に働いていた時に十分知っていましたが、そのことがとてもストレスを感じるようになってしまいました。

そんな時、派遣社員として働くことで気分的に楽に働くことができました。

派遣ということで、こんなに気分が違うのだと改めて実感したのです。

夜勤もないし、まとめるレポートもないのでとても楽です。

こんな感じだったら、続けることが出来るかなと思いました。

介護派遣にも種類がある!?就業形態別のメリット・デメリット

一般派遣のメリット・デメリット

一般派遣とは

  • 派遣会社に登録をして
  • 希望に合ったお仕事を紹介してもらい働く形

です。

一般的に言われている介護派遣はこの形になります。

メリット

自分に合った勤務時間や勤務場所など職場を探すことができる

派遣登録時に希望の勤務時間や勤務場所を伝えておけば、自分の希望に沿った案件を紹介してもらえます。

もし、紹介された派遣先が希望に合わなければ別の職場を紹介してもらえばOK!

未経験や資格なし、長期のブランクありでも職場を見つけやすい

介護派遣は様々な案件があるため

  • 未経験
  • 資格なし
  • 長期ブランクあり

の方向けのお仕事もたくさんあります。

自分で求人を探すよりも効率的に未経験・資格なし・長期のブランクのお仕事を見つけることができます。

派遣先でトラブルがあっても派遣会社に相談することができる

職場でのトラブルを同じ職場の人に相談しずらいもの。

その点、派遣社員であれば派遣会社の人が相談することができます。

相談をすることで派遣会社を通して派遣先に働きかけをしてもらうこともできます。

デメリット

職場を転々を変わる

派遣社員である限り、いろいろな職場での勤務は避けられません。
一つの職場での勤務を希望する場合は、次にある「紹介予定派遣」を利用する必要があります。

紹介予定派遣のメリット・デメリット

紹介予定派遣とは

  • 一定間(最大6か月間)派遣社員として働いて
  • 派遣社員と派遣先の合意の上
  • 正社員として働く

派遣の形です。

メリット

実際に働いて職場を知ったうえで正社員になるかを決めることができる

数か月派遣社員として働くことで職場の雰囲気やお仕事の内容を実際に知ることができます。

その上でやっていけそうなら正社員になるかを選択できます。

未経験、資格なしの方でも正社員になる可能性が増える

未経験や資格なしの方でも派遣社員として勤務して、派遣先で認めれもらえれば正社員として勤務できる可能性が高くなります。

派遣会社に相談にのってもらえる

同じ職場の人には相談しずらい内容でも派遣社員の人なら相談がしやすくなります。

相談内容によっては派遣会社が間に入って問題を解決してくれる場合もあります。

デメリット

正社員になれない可能性がある

派遣後に双方の同意がなければ正社員になれません。

そのため、派遣先がNGだと言えば正社員になることはできません。

介護派遣のメリット・デメリットを知って自分あった働き方を!

107587

介護派遣にも良い点だけでなく、悪い点もあります。
そのメリット、デメリットの両方を把握したうえで自分にあった働き方を見つけましょう!